読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォトグラファーでバーのマスター。

38歳、フォトグラファーがBARを経営してみた。二足のわらじはうまく行くのか。※酔った勢いで書いた文も有りますので誤字脱字をお許しください

掛け算はできない。

このブログだけは毎日更新しようと決意するも、二日で挫折。遠い昔、書き殴っていた頃は書くのが楽しくて楽しくてどうしようもなかった。

 

今、キーボードに両手をかざすと ヨガ教室の初心者のように手の筋肉が震える始末。そうだ、書筋が弱っているのだ。書筋が弱ると頭も硬くなる。

 

こうじゃなきゃダメだってね。僕の固い頭の中の信号機が赤の点灯をはじめ出す。

 

人間の一生が約80年とするならば、僕はそろそろ半分のところに来てしまった。それを痛切に感じるのは同年代だろうとお付き合いさせていただいているお客が実はまだ6つも年下だったことだ。6つ年下といえば弟の渉と同じだ。

 

僕は、過去を振り返ってしまう癖がある。巷では過去なんか忘れて前を向いて生きようなんて言葉もあるが、過去の怖いことが夢に出て来て、ねれんのだ。しかし前を向いて生きようと、前だけを観ていこうと毎日決意する。

 

 

 

ふわっとした人生観で、この先何ができるだろうって恐怖心を分析してみると、僕は人生の掛け算をしたいらしい。そして倍になるはずのない倍倍ゲームを歩んでいることに気がついてしまったらしい。

人生に倍倍ゲームはないらしい。

1日1日をゆっくりとじっくりと生きてゆくしかない。

 

今日を大切に生きて 大切に生きた積み重ねが今なんだな。

 

 

誰かに何かをしてあげる奉仕の心も積み重ねることによって今の自分が出来上がる。

 

 

できれば、テレビに出ている俳優さんになりたいとか、豪邸に住んでいるような富豪になりたいとか、スポーツ選手のようにスーパーカーに乗りたいとか綺麗なプロポーションの体型になりたいとか。これらのモデルに憧れるのも良しなんだけど、その前に僕という僕は一人だけであって、誰にも真似できない僕なのであるから いいところだけを伸ばそう。

 

 

どこかで聞いた話なんだけど、腕のいいコンサルタントは長所を伸ばすのとは逆にそうでないコンサルタントは短所を改善しようとするらしい。

 

僕は、自分自身のコンサルタントだ。

 

今までは、悪いところばかり治そうとして来たが、一掃のことやめようではないか。

悪いところは沢山あるけど、それはごめんなさいって謝って、いいところだけを伸ばそう。

 

 最近太った?とよく聞かれることがある。

まぁ、それだけ観られているってことなんだけどもその言葉が本当に苦しかったことに気がついた。毎日その言葉を投げかけられて僕の中に眠る小さな自信が崩れ始めた。バラバラと。

そして、崩れた自信の持ち主である僕は、得意とする写真も撮らなくなった。

 

何故それに気がついたかというと、歯がボロボロ砕け抜け落ちる夢を頻繁にみるようになったからだ。もう抜け落ちるなんてもんじゃない、ガラス玉を口の中に入れてそれを一気に口外にボロボロとこぼれさすくらい歯が砕け落ちる夢だ。

 

ちょっと悩んだんでgoogle先生に聞いてみたら、自信喪失だった。

 

 

これではダメだと、トレーニングジムに行ってダンベルを持った瞬間に右肩に激痛。そう、四十肩だ。とほほ。

 

 

だからできることは、1日1日を大切に 自分を大切に生きてゆくことそれだけだってね。自分に言い聞かせているんだ。

 

 

はぁ〜、書いたらスッキリして来た。

ただいま。

現在時刻2:57分。只今帰還。

なんと今日も夜食を買わずに無事帰還。 

敵は煌々とした灯りで我等をそそり、様々に陳列されるご馳走で その脚の行き先を停める。

 

 

今日の日が変わる頃だったかな。

 

 

1人の貴殿が筆者に申し出た。

 

何時も貴君のはてなブログを拝読候と‥。

 

 

なんと💧

 

 

この、こっ‥この‥筆者による筆者の為の秘密ブログを拝読していると言うのだ。

 

 なんということか!

 

少し嬉し恥ずかしいながらも ありがとう😊ありがとう😊と、筆者はすこし照れ臭く同時に描く楽しみを再確認したのである。

 

 

さて、明日は終日 雨という予報ではないか。

 

諸君はどう行った過ごし方をらっしゃるのかな。

 

 

筆者は、雨の日は 書類or読書or映画の日にしている。写真も雨の日は よく映る。   

 

 

 

ねむくなってきたので このへんで 失礼候

 

 

しからば御免!

 

GOTA

ただいま。

あさの4:35ふん。ベットの中からの更新。

必ずと行っていいほど今時間に食べるオニギリと、どん兵衛の大判をここ3日ほど食べてない。

 

ヴィーガンになったからか‥

 

昨日の帰宅時は物凄く胃が気持ち悪くてたべられなかった。

今日は普通にお茶🍵だけで今から寝るつもりだ。

 

今朝の空は 淡い青色に レースのような白い雲が少し。太陽がそれを溶かせば夏模様になるだろう。

 

たのしみだな。

 

 

GOTA

管理職の悩み

今日、店でで出た話。

 

新入社員が使い物にならないという。

30代半ばにかけて中堅となる方々が口を揃えて、そういう。

 

そんな話をしていた。

 

俺が若かった時はどうだっただろう?

 

確かに毎日早く帰りたかった。

 

 

でもね、任せられると変な責任感が湧いて来て 気がつくと

定時を超えていることが多かった。。

 

 

 

これができたら、残りの数日は休んでいていいよ言われて 本気で取り組んだ。

結果、できなかったけど 『終わりじまい』という言葉を覚えた。

 

 

 

若くても責任を持たせて やらせてみること。 問題は責任を持たせる側の

熟成度合いじゃないかな。

 

 

 

若手の目は、節穴じゃないってことだね。

 

 

 

おやすみなさい

k a n p a i

希望と悪臭。

まず、希望の話をしよう。

 

GOTABARを始めた当初、スタッフを外国人にしたかった。なるべく白人系の清楚な感じか、黒人のカッコいい方もいいかなと思ってた3年前。

 

しかし、縁がなく しばらく経った昨晩

外看板を消灯しているのにもか関わらず1人の白人女性が入ってきた。

 

数日前に挨拶した🤝近くの外国人シェアハウスに住むドイツ人のアネッテだった。

 

外看板は消えているが‥まあ、一杯飲みなよ。

 

なんて言葉を交わしながら 一杯の赤ワインをお出しした。

 

近くにいた日本人男子とワチャワチャし、朝焼けが見え始める頃 皆で帰ろうということになった。

 

その時だ。

 

アネッテ『GOTAさん、1分だけお話いいですか?』

 

『えっ??  Σ(゚д゚lll)』

 

なに?なに?なに?愛の告白?

 

頭の中を走馬灯のように アネッテと僕の愛の結晶である『ゴネッテ(仮称)』が産まれる映像に僕は包まれたんだ。

 

僕のこの濃い顔と、ドイツ人のアネッテの彫りの深い顔との遺伝子が融合して、いやむしろ融合できるのかどうか、ぶつかり合い何方かが勝つのかの勝負になるのではなかろうか。

 

いやそれはさておき さぞ産まれてくるベイベーは メルヘン雑誌『MOE』描かれるような天使であろうゴネッテと手を繋ぎ 大草原をキャッキャしながら先走るのを 『まて〜♪がお〜♪』なんつって追いかけて、(あ、ゴネッテの服は可愛い赤に白い水玉のワンピース )その先にある大草原の小さな家の中でランチの支度をしているアネッテがドイツ語で『Mittagessen vorbereitet war in der Lage〜♪(お昼ご飯の用意ができたわょ〜♪)』

 

なんってプースーを啜る 絵面が次々と頭に流れたのだ。

 

 

 

 

 

GOTA『なんだい?どうした?』

 

アネッテ『あの‥』

 

 

 

GOTA『ん?』

 

 

 

アネッテ『ここでアルバイト出来ませんか?』

 

 

アタイの走馬灯の絵面が一瞬にして変わった。

どうやってBARの仕事を教えようか‥

文化が違う、しかも和食BARでドイツ人‥

 

10秒ほど考えて 僕はOKした。

 

ドイツ人は日本人の考え方に近いという北海道に住むドイツ人の友達『サイモン』が言っていた。

 

 

 

良いではないか。和食と異文化、なんなら皆で作務衣を着て働こうではないか。

 

 

アネッテが店を後にして 帰り支度をしている時に アタイの中のインナーチャイルドがボソッと言った。

 

インナーチャイルド『外国人従業員ほしい 言うてたやん‥』

 

そだ‥、アタイの夢は外国人BARを作って異文化交流出来る店が創りたかったんや!

 

当店の和食の料理人さんも海外でお店を出すのが夢らしく、日々英語のバードスタディに明け暮れているし

 

希望の光が見え始めた。

 

 

■悪臭

悪臭が店の中を漂いまくって酷かったんだ。きっと掃除してないグリーストラップが原因だろうと考えて超綺麗に掃除した。

 

しかし、匂いは消えない。

 

何処からともなく 魚介類が熟成した匂いが鼻をつんざくんだ。

 

料理人さんに、なんか臭くね?と聴くも あぁ、多分排水掃除した後って匂い残るんすよねーなんっつって言うもんだから、そかー‥納得。

 

いや、我輩は類い稀な馬鹿っ鼻であり 相当臭くてもイケるクチなもんで(笑)

 

 

それよりもお客が臭いなんて言い始めてたんでねぇ、鼻の効くお客だったらとんでもねぇ話だっつうんで 身内のお客だけになった頃合いを図って ニオイの元を空港の麻薬取締dogのように辿った。

 

確かにここだ。

 

料理人さんの小さな流し台から とてつもなく臭う。

 

クンクン‥

 

あれ?

 

 

流しの下だな‥

 

 

その時だ。1枚の画像が頭をよぎった。2週間前の土曜日の夜、洋食の料理人さんが大きめのドリアの皿にアサリ100個を乗せたまま流し台の下に隠した。多分悪いアサリだったもので捨てるために一次的に流しの下に入れたのだろう

 

 

それを思い出した。

 

 

まさか‥(笑)

 

 

 

 

 

日曜日に重要な撮影が入って来た。儀式系の撮影だ。これは頑張りたいところだ。

 

 

追い討ちをかけるように 演歌歌手のマネージャーよりPV撮影の 依頼がゼロ円で入って来た。

 

 

よくあるのが、予算がないのですけど撮影願えますか?と依頼が来る。

 

850円ラーメン屋に行って すんません、予算がないのですけど850円ラーメンお願いできますか?と同じだ。

 

 

 

その依頼に良い方法を考えた!

 

 

『予算がないのであれば 仕事用の撮影機材を使うことが出来ないので、スマホで撮っても良いですか?』と。

 

 

写メラマンの道もそう遠くはなさそうばってん。

 

 

 

GOTA

 

 

 

 

 

 

 

 

チラシ配り、窓越しのファッションデザイナー

夜中にチラシ巻きをしていた。

色々な家のポストを月明かりの中探しながら。

 

ある古ぼけた4階建てのアパートの1階の一室  カーテンが無い。中が丸見えだ。

 

中年の男性が小さな白熱灯で照らされた机に向かって何かを描いていた。

 

こちらからは何を描いているのかは確認できないのだが あたり壁一面に 色々なポージングをしながら近代的なファッションに身を包まれたマネキンの絵が無造作に貼られていた。

 

ファッションデザイナー‥?

 

そんな事を考えながら ふと考えると 今日は日曜日。そうしてソロソロ時計の針は月曜日を刺すところだ

 

総合して 人々が休んでいるときに ひたらいている人の生き方を垣間見た気がしたんだ。 なにか嬉しさと寂しさが渦巻き状に僕を包んで その記憶を焼き付けて今でも忘れられない。

 

 

■掃除のおばちゃん

札幌時代にバイトしていたディスコの一階と二階の延べ床面積は100平米以上あった。

 

中間の一軒家 よっつ分ほどの大きさである。

店の営業は金曜日と土曜日のみ。オーナーであるフランス人の経営スタイルだ。 週2日だけの営業のみで、その後見事にお店を1億円近い金額で買い取った。

 

そのお店には 早朝になると『掃除おばちゃん』なる方が来ていた。

 

個人のお店で清掃スタッフを雇い、そのおばちゃんにベビーシッターまで頼んでいたのを思い出して うちの店にも 『掃除おばちゃん』を先週から雇い入れた。

 

その分 ぼくには1日に3時間ほどの余裕が出来たこともあり また多くの宣伝に力を注げる事となりそうだ。

 

そんな事を日々淡々と考えて過ごした。

 

週の中頃になると僕は 外に遊びに行く。一般の方々が仕事している時間は 何処も空いてて 苦しくない。

 

二子玉川のフレンチレストランに行って来た。

f:id:gota-koishikawa:20170424131939j:image

 

フォアグラと牛のソースぶっかけだ。

これ、美味しかった。

こんなのを食べられるのも 当店に足を運んでくれたお客様のお陰様である。美味しく頂きました。

 

さて、今日からまた一週間頑張ろう。

 

GOTA

 

月曜のあさ。そして市場調査。

今朝少し眠たい目を擦りながら午前10時頃起きた。

 

人生の中でゲームというものに縁が無かったのだが 最近 お客様が

PlayStation4 なるものを貸してくれて、それに合わせたソフトウェアを

GEOで購入。

昨晩は午前3時頃までゲームとやらを20年ぶりに堪能してみた。

 

f:id:gota-koishikawa:20170417113351j:image

f:id:gota-koishikawa:20170417113358j:image

 

結果、3時間で飽きたのだ。 なぜなら やはり リアルの方が‥

生きている現実の方が面白いと感じた瞬間に興味がなくなった。 

バーチャルの世界は、やはり生々しさがない。

 

今回購入したソフトウェアは 敵なるものを撃つような物なのだけど

幼少期に感じた あの猟銃の銃声と猟銃を手に取った時のあの冷たさ、

ゾクッ!と来るようなあの命を殺める道具達の生々しさを もう既に

覚えてしまっているのだろう。  

 

困ったものだ。

さてBARのお話に戻るとしよう。

 

駅からも少し距離が有って、しかも地下という難所に

お店を構えた訳なのだが、その為に得られる知恵は大きい。

 

先ずひとつ話題の種にしたいのは『チラシ』の効果だ。

 

それも、『手描き』『情報量過多』『封筒に入っている』の

条件を満たしたチラシなのだけど  投資利益率がハンパじゃ無い(笑)

投資利益率の測定には、『常にお客様に来店したキッカケ』を聞くことで

一声一声集めている。さらにお会計時の金額を集めて 投資した金額を

差っ引くことで大体の数字が割り出されるGOTA流の仕事の楽しみ方

だ。

 

お陰様で平日も客足が伸び 週末に向けてはかなり混雑している状況にある。

 

あと、キーポイントとして“これは誰もやっていない事”なのだけど、隣と

隣のお客様を『繋げる』というのが非常に重要なポイントとなる。

 

例えば隣と隣のお客様を繫げる事に成功すれば そのお客様はまた、お酒や

料理以外にも楽しさを求めて来店してくれるようになる。

 

逆に、繫げられるのが苦手なお客様も存在する事もある。

それらに関しては、写真で鍛えた『観察力』がものを言う。 

 

さらには『テキトー人間』を演じて テキトーに無茶振りで

お客様とお客様を繋げる事もある。

 

例えば、双方の出身地や年齢など同じでは無い事を知りながら

どちらかに、同郷、同年代だった筈だよね?とワザと聞く。

すると、どちらかは『また君はテキトーな事を!』なんて言わせて

双方の意見をワザと一致させる事によって連帯感を持たせ、ワザと

私を攻撃させる。

 

すると同じ意見を持った2人は 話が弾むことが多い。

 

あとは、同じ趣味も重要である。

全てのお客様の趣味嗜好、愛用しているもの、職業、とにかく

相手に興味を持ち、観察し、何度も同じ事を聞いても良いので

覚えるのだ。

 

はぁ〜、頭の中にある難しい部分を書きなぐったらスッキリした。

 

で、言いたい事は上記のことを続ける事によって 混んでいるお店を

造る土台が少しつづ出来てきた。

 

f:id:gota-koishikawa:20170417120252j:image

お店には大型プロジェクターを取り付けて お客様同士で好きな

アーティストの映像を流して楽しむ事もある。これも一体感を 

造る為だ。

 

話は変わって、先週の土曜日にこの様なお品書きを外看板に貼った。

f:id:gota-koishikawa:20170417120600j:image

この唐揚げというキーワードにつられて かなりのお客様が

来店なさった。

そして飛ぶ様に売れるのがハイボールとウーロンハイだ。

昨今、サントリー社のウィスキー『角』の値段が20%上がった。

 

これにより角ハイボールを辞め トリスハイボールやニッカハイボール

に切り替えるお店が続出しているが 飽くまでも巷が認識している

ハイボールは『角』なのであり、(TVcmのおかげで‥)他のウィスキー

ではない。角ハイボールが無いだけで 離れるお客様も多数いる事に

マーケッターは気がつかなければいけないのかも知れない。

(高価なウィスキーハイボールを売りたい為に角を廃止するなら理解できるが。)

 

 

あ、そして話は変わるが ママと赤子の雑誌『たまごクラブ』に載ったライターさんの撮影をさせて頂いた。

f:id:gota-koishikawa:20170417121427j:image

ここに載るトマトと豆腐の盛り付けは 僕がもりつけたんだぞー!と

小さな雄叫びを上げたい(笑) 

 

しかしこちらのライターさんとの付き合いも長く 色々お世話になった。

人間として好きな人No.1806に認定する。

 

話が長くなったが この長い長い プロジェクトを終えたら 2ヶ月ほど休みたい。

それまでは マグロのように仕事という荒波を泳ぎ続け 蜘蛛の糸のように 

人と人を繫げ合わせて行きたい。

 

その先に得られる最大の利益は 2ヶ月の休息である。

セブ島1ヶ月の休息と、ヨーロッパ1ヶ月折り畳み自転車で横断の旅

(なぜなら折り畳み自転車なら飽きた時に畳んで列車に乗れる)

をしたいのだわたしは。

 

さて、今日はどんな人が現れ どんな繫げ方をしようか。

 

GOTA