読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォトグラファーでバーのマスター。

38歳、フォトグラファーがBARを経営してみた。二足のわらじはうまく行くのか。※酔った勢いで書いた文も有りますので誤字脱字をお許しください

生きる辛さ。

f:id:gota-koishikawa:20170108234259j:plain

©GOTA PHOTOGRAPH 「生きた樹」Location Hokkaido

 

 

こんばんは。日曜の夜 久しぶりにグラスを片手に筆をとった。

今日のお題は、生きる辛さ。

 

上記の写真は、北海道のある湖にシーカヤックで出航したところ、偶然見つけた樹だ。この樹は、広大な湖のど真ん中に生える一本の樹であり、その生命力は写真を通して人々に生きる力を与え続けた。

 

 

七転び八起きとはよく言ったものでね、生きているうちの9割は苦しく辛いことがあるんだ。生きる気力を失ったり、諦めてしまったり、なんで自分ばかり悪いことが起きるんだろうって‥。でもそんなん自分の責任だってことはわかっている‥って自分を責めたりね。

 

この湖のど真ん中に生えさせられたこの樹は、きっと何度も自分を、そして神様を恨んだだろう。

 

なぜ、他の樹たちは陸に緑力と生えていて、根もしっかりしていて、仲間もそばにいて‥。なんでおれだけ。そんなことを考えながらも、湖のど真ん中で僅かな栄養分を自ら吸い上げ、陸の樹々に成長は劣るがなんとか試行錯誤の末に生き延びた。

 

 

 

その生き様を早朝の太陽が照らし、堂々たる一本の樹は私たち人間にまでも「生きる」という勇気を伝えてくれた。

 

嵐の時もあっただろう。北海道のマイナス30度の世界、湖は分厚い氷に覆われる中、この樹だけは‥たくましく生きた。

 

根や幹が腐ることなく。

 

 

僕たち人間も、なかなか上手く行かない時がある。

 

そういう時は道路に例えるのがいい。(世田谷通りだと一番いい例えになる。)

 

道路を向こう側に渡りたいのだけれども、なかなか車の行き来が途絶えなく、渡れない時がある。この時、車が来ているのにも関わらず横断するとどうなるだろう。

間違いなく大怪我をする。

 

大怪我をしない方法はただ一つ。

 

車が途切れるまで、ひたすら「待つ」ことだ。

 

これを日本人は「忍耐」とよぶ。

 

 

だからね、辛い時は、じっと本でも読んだり散歩したり陶芸やドライブとかして一人でじっとしていればいいんだよね。

 

そうしたら勝手に晴れてくれるからさ。

 

酒でも飲んで、ゆっくりネットサーフィンでもしてね。

 

 

晴れてきた頃合で、なにか仕掛ければいいてわけよ。

 

そうして、耐え忍んで咲かせた未来を必ず太陽が照らしてくれるからね。たぶん。

 

 

だから、生きてください。

 

お迎えがくるその日まで、なにくそ生きてやろうじゃないの。

 

 

 

GOTA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬味と一杯の蕎麦

f:id:gota-koishikawa:20170105145834j:image

自宅近くにノスタルジックな蕎麦屋があり、暖簾には生蕎麦(きそば)の表記がある。

 

偶然入ったその蕎麦屋の蕎麦が気に入ったと言うよりも、そこの親父を気に入った。気に入ったなんて おこがましい話だがこの文の雰囲気を立たせるためだからお許し頂きたい。

 

ガラガラガラっと引き違いのドアを開けるとダイヤル式の古いラジオが流れる中、真冬なのにも関わらずTシャツ1枚、少しボサッとした白髪、手は少々震え気味の小柄なオヤジが長ネギを切っていた。

 

f:id:gota-koishikawa:20170105150731j:image

 

いらっしゃい‥

 

しく震える声が僕と親父の交わした初めての言葉だった。

 

入る店を間違えたかな。そんな気持ちがよぎる中、一杯の蕎麦を頼んだ。

 

味音痴の僕、味はわからないから味の話は出来ないが、オヤジの人間味は最高に美味だった。

 

長ネギを独特な方法で切って行き、蕎麦屋だけはその長ネギを『薬味』というのだとか、ネギは万能薬になる事とか、色々な話をした。

 

店を後にし、年越し蕎麦をまた食べに来よう‥と。

 

そんな事を考えながら怒涛のような年末を過ごし、あまりの疲れに家に着くなりファンヒーターの前で横になったまま寝てしまい 足と腰を火傷した。

 

 

12/31は、夜9時にお店を開ける予定だったのだが、夜8時半頃 年越し蕎麦の事を思い出し、20分で店に戻ってこれるかどうか賭け自転車に飛び乗ってオヤジの蕎麦屋に向かった。

 

 

f:id:gota-koishikawa:20170105151555j:image

 

 

ガラガラ‥ガラっと引き違いを開けて暖簾をよけるとオヤジのキラッキラした眼と僕の眼がぶつかった瞬間、『いらっしゃい、まってたよ』

 

 

このオヤジ、いい味だしてんなぁ〜

 

 

その日は年越し蕎麦に餅を入れてもらい、さらに卵でとじてもらった。

 

 

ぼくは、この40年続くオヤジの蕎麦屋が大好きだ。

 

 

5日からの初打ちらしいから、さっきも行ってきた。

 

 

何歳になろうとも、眼をキラッキラさせながら 誰かと話し喜んで貰える生き方も、なるほど美味なような気がする。

 

 

僕は決して、年金を貰いながら何もしない人生なんて人生は送らないだろう。

 

 

たぶん。

 

 

明日もオヤジの蕎麦屋に行こう。

 

 

GOTA

新年と初めての経験。

新年、あけましてオメデトウございます。いつまで続くかわからないこのブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、フォトグラファーとしての仕事内容もかかなきゃ‥なんて思って、(フォトグラファーって信じてもらえないことが多いので。)一応、撮った仕事もログっておこう。

 

おっぱい番長の朝井さんを撮影させていただきました。

 

angie-life.jp

 

 

 

 

じつは、今日はじめての経験なんですが、ノーゲストでした。

いや、21時から0時までの短い時間のオープンだったから、まぁしかたないか。少し休めってことだよね。

 

 

でー、なんかわからないけどウキウキで近くの神社に出向くと100メートルの行列。そこから多摩川に近いBARを巡るも大混雑。そっとドアを閉めて、朝までやっている安楽亭という焼肉屋で一人焼肉でも‥とおもいきやラストオーダーが30分後。

 

自宅に帰ろうと決意するも一件だけやっているフレンチバルがあったので入ったがしかし、隣の席のロン毛美容師がやたら写真の露出がどうだの投資がとうだの話しかけてきて‥いや、話しかけて来る分にはどんとこいなんだ。 ただ、その美容師さん、ストレスがたまっているのか、ものすごく口臭がキツくて‥

 

それでいて、大声で僕の顔に唾液を飛ばすものだから飲んでいるハイボールをテーブルの下にかくしながら

 

なんで俺は新年早々、隣人の口臭攻撃にあわにゃいかんのだ?と疑問に思った瞬間にお会計を申請。

 

なんとも先行き不安である。この時点で2017年である。

 

 

しかしだ、筆者主催した忘年会は楽しかった。仲間がきて、最高の宴を楽しませていただいた。

 

 

そんなことを考えながら自宅でこの文を書きながら飲んでいる。

 

 

さて、ねよう。

 

 

GOTA

東京

f:id:gota-koishikawa:20161227081114j:image

©️GOTA

ももいろクローバーZというアイドルのLIVEに行ってきたお客様。いい顔している。

 

 

 

ありがたい事に、BARの調子が良い。毎夜来てくれるお客様、オオクチの宴会をして下さるお客様。ほんとうに有り難い。

 

最近感じるのだけど、昔より遥かに裕福になった。それはお金なのか、気持ちなのかは分からないけど、間違いなく裕福になった。未だ服を自由に買う事は出来ないけどね。

 

 

写真の仕事も調子が良い。

 

 

f:id:gota-koishikawa:20161227081714j:image

©️GOTA

特にオーディションに強いらしく、彼もおーて合格。合格ラッシュが続く。

 

 

メディアの取材でも、お客様が増えたり写真の権利を買いたいと申し出てくれる企業があったりで嬉しい。

 

 

Photoshopなどをあまり使わないのだけど、あまり顔の補正をしないのが良いのか?なぜ売れるのか分からないけど有り難う。

 

 

 

そんなリア充をコキながら満員電車にていつも思う。

 

東京に住む意味は何処にあるのか。確かに仕事はたくさんある。しかし睨み合いながら、おしくらまんじゅうしながら満員都市で暮らす意味は何処にあるのか。毎日思う。

 

 

山や湖や綺麗な河が恋しい。

 

 

旅に出るのは、もう そう遠くは無いのかもしれない。

 

何て言いながら撮影に綺麗なモデルさんなんか来ると、やっぱ東京はええなぁ〜

 

f:id:gota-koishikawa:20161227082514j:image

©️GOTA 無断転載禁止 

 

何て思ったりもする。  

 

博多、いいらしいよ。

 

 

GOTA

 

 

 

マスターのほっこり休日。

f:id:gota-koishikawa:20161220121753j:image

 

なんとも晴れ晴れな。写真業と飲食店を経営すると、とにかく時間が無い。

 

しかし、人間だものサンポの1つもしたくなるものである。カメラを持ってずっと気になっていた玉川沿いにある『蒔窯ピッツァ調布』まで歩いてむかった。

 

少し西に傾いた太陽と並行しながらテクテク歩いて、急にしゃがみ込んでは花の写真を撮ったり、人のシルエットを撮ったりした

 

f:id:gota-koishikawa:20161220122827j:image

 

歩きながら、蒔窯ピッツァのランチタイム時間を調べて、(こういう時に携帯電話は便利だなぁ)歩いていると見えてきた。

そこは、目印がイタリアの国旗。それ以外には特に目印になるものが無いが、歩いているとわかる場所だ。

 

f:id:gota-koishikawa:20161220123108j:image

f:id:gota-koishikawa:20161220123127j:image

 

気になるでしょう。僕は物凄くこの掘っ建て小屋感に魅了される。ドキドキしながら中に入って店主と話しながら赤ワインとマルゲリータを注文して、シェルター内部をパチパチ撮りだした。

店主も‥とカメラを向けるとNGらしく、僕はシャッターから少し指をズラした。

 

f:id:gota-koishikawa:20161220123453j:image

店内は狭く、日本製の火鉢や陶器を焼く電気式の焼き釜が置いてあったり、ゴリラの彫り物にキャップを被せてあったりと、一貫性の無さがまた僕にとっても心地よい空間となった。

 

奥の部屋には、多摩川の生き物を撮影した写真家の作品が展示してあったり、サンルーム代わりなのか植物も沢山飾ってあるのだけど、その隙間から見える多摩川の広い空がなんとも言えないボンヤリした気分にさせてくれた。

 

f:id:gota-koishikawa:20161220123904j:image

f:id:gota-koishikawa:20161220123923j:image

f:id:gota-koishikawa:20161220123944j:image

f:id:gota-koishikawa:20161220124004j:image

 

ピッツァは、ハンドメイドの焼き釜でクヌギなのど蒔を燃やして作られている。

 

f:id:gota-koishikawa:20161220124122j:image

 

ここのお店は、祝日以外の土曜日、日曜日しか営業していないらしい。完全なる店主の趣味だろうが、茨城出身の店主と交わす優しい会話と、ニッコリとしている女将さんの注いでくれるワインが味の80パーセントを占めていた。

 

f:id:gota-koishikawa:20161220124336j:image

f:id:gota-koishikawa:20161220124347j:image

 

ランチやディナーに貴方は何を1番重視しますか?

 

そんな質問をされれば、真っ先にマスターは こう答えるだろう。

 

『みちづれ』

 

だ。

 

 

あっしは、寂しがりやなもので、旅や食事の時に『みちづれ』を捕まえる傾向にある。んで今回のみちづれは昔にGOTABARを手伝ってくれてた子だ。1人よりは2人。2人よりは3人である。皆で飲み食べれば美味しいのである。

 

店内には懐かしき薪ストーブ

f:id:gota-koishikawa:20161220124908j:image

 

店の中の通路を奥まで進み、外に出てそのまま多摩川に出る事が出来る。

多摩川からみた建物はこんな感じになる。

f:id:gota-koishikawa:20161220125027j:image

なびくフラッグがカックイイ。

庭にはウサギが2匹飼われている。ここにヤギも飼われていれば完璧だっただろうに、もし僕だったらヤギとポニーとニワトリを飼いたい。なんか‥あれだな、なんちゃらの音楽隊みたいだな。

 

f:id:gota-koishikawa:20161220125333j:image

 

さて、日も暮れ出してきた頃 急に調布駅PARCOの5階にある『好日山荘』に行きたくなって、歩き出した。

 

なんだろう、アウトドアショップという聖域は日頃から僕を呼んでいる。何をするわけでも無い ただ そこにいたいのだー。

 

PARCOを出て、そうだ、調布に来たのならば『藤井くんの店でハイボールを飲もう』という悪魔のささやきが頭をよぎり、早速 調布駅南口徒歩1分にある ユーミン108 に向かった。と言うか先週もその前の週もここに来た。いや、ほぼ日曜日の夜はココで飲んでいる。藤井シェフのサラダと揚げ物が大好き過ぎて、ここに通うようになった。

 

たまにアーティストもいたりする。f:id:gota-koishikawa:20161220130029j:image

 

藤井くんはいつも美味しいものを適当に見繕って出してくれるんだ。それがいい。f:id:gota-koishikawa:20161220130124j:image

f:id:gota-koishikawa:20161220130131j:image

このプレートはなんだかわからないけど、物凄くワインに合った。マスターはJapanを飲むと頭痛がするので、ワインがいい。きっと前世はイタリアの綺麗な河のほとりの掘っ建て小屋に住んでいたのだろう。きっとね。

 

そしてそのままバスで狛江に帰ってきて、家で映画を観るんだ。

1年くらい前にGOTABARにプロジェクターを設置し、音響さんのイトーさんに貰ったスピーカーで最高の環境があるのにもかかわらず、小さなノートパソコンの画面が好きなワガママスター。

 

今週見た映画は『ザ インターンシップ

f:id:gota-koishikawa:20161220130729p:image

と、これ↓

f:id:gota-koishikawa:20161220130752j:image

 

映画はいい。

どんな辛い時でも、喜びの空間に 約2時間ほど連れて行ってくれる夢のゆりかごだ。

 

なんか、時間がねー!とか言いながら案外遊びに時間を費やしているなぁ。このブログ書くにも1時間は さいてるしなぁ。

 

まあ、いいや。

 

トドメに翌日の月曜日は、なにかアイデアを盗もうと二子玉川にあるカフェ『ソウルツリー』に行ってきた。

f:id:gota-koishikawa:20161220131121j:image

店内の錆びたドアの裏側にチョークで描かれた絵が素敵だった。

f:id:gota-koishikawa:20161220131212j:image

f:id:gota-koishikawa:20161220131220j:image

 

そんな休日を過ごしていたマスターでした。

次の休みは金曜日。誰をみちづれにしようかな。

 

GOTA

 

 

BARで働くひとの食生活。

f:id:gota-koishikawa:20161206220519j:plain

メタセコイアの落ち葉がすごい好き。

 

秋の匂いと、あしにまとわりつく この忌々しい奴らがとっても好き。

 

メタセコイアって中国の木なんだってね。

 

 

 

 半年くらい前に弟と北海道の長い道を走っている時にボソッと言われた言葉がある。

 

「夜働いてる奴で痩せているひと少ないもんねぇ」

 

 

ドキッとした。

 

 

そしてペロンっと服をめくってお腹のお肉を見てみた。

 

 

やばっ って思った。

 

 

そこで、Facebookでつながる父親が俺にコメントを残した。

 

 

「親父は1日1食で絶好調!!!!」

 

 

先日まで足の骨を折って入院していたひとが、なにが絶好調だっ!って思ったけど理にかなっているような気がしてならん。

 

 

僕は、毎年夏になると長野県の標高1200mにある菅平高原の研修施設に1ヶ月間、撮影のため閉じ込められた。

 

そこで1番苦しかったのが、食事だ。

 

3食。きちーんと3食。

 

成長期の若人じゃないんだから!

 

3食たべて絶不調になった。

 

しかし、逆に1日1食、調子の悪い時は3日間の断食で全ては治るらしい。

これは猫でも知っていることらしく、たしかに猫は調子悪くなると食べなくなり寝てばかりになる。

そうか。

以下参照

http://health-long-life.sakura.ne.jp/new_page_354.htm

 

病気ビジネスというものがある

 

いや、医産複合体というべきか‥

 

3食たべることで皆で病気になって医療費をたくさん払おう!

 

こんな感じで、TVが僕たちの食までコントロールしてきているような気がしてならない。

1日1食、どのタイミングでたべるのか。それは夕食らしい。しかしフォトグラファーでありバーのマスターである僕は寝るのが夜中の3時だ。

いつ食べれば良いのか、研究する必要性がありそうだ。

 

たしかに、腹ぺこの時って冴えてるもんなー。

文もかけるしなー。

とにもかくにも胃を休ませなければ。

胃腸が特に弱いからね。

 

さて、今日は23時から26時までバーに立ちます。

明日は朝から渋谷NHKで撮影だ。酒の匂いを消して行こう。

 

 

GOTA

 

 

 

投資話

f:id:gota-koishikawa:20161203205719j:plain

 @千葉で撮ったねこ。この子がポスターのモデルなのか。いや、絶対そうに違いない。

 

 

 

北海道から、不労所得や投資話が好きなダチ公がやってきた。

仮想通貨の話には正直驚かされたし、世界が良い意味でひっくり返るのではないか?とかね、世界中央銀行に一撃を加えられるんじゃないかとか考えながら話を聞いていた。

 

話の矛先はやはり投資の話になった。簡単に話せば、仮想通貨のオプションのようなもので、ひと月で1パーセントの金利‥というと語弊があるが、とにもかくにも、ひと月で1パーセント利益が出る投資があるそうだ。

 

あたくしはこの手の話を解明するのが好きなので、とにかく彼が話す無料登録できるすべてのサイトに登録をした。そして実際に仮想通貨を動かしたり銀行に移動したりもしてみた。しかし、その仮想通貨の価値は変動するそうだ。まぁ円だってドルだって変動するのだけどね。

 

結果的に、仮想通貨は早く日本に浸透してもらいたいと考えるとともに政府もこれらに課税したいのか将来性を認めた動画がアップされていた。

 

問題は、その投資だ。

 

1パーセントとは、とっても甘みのある話で、10万円預けておけば、月1万円の不労所得をもたらす。なんとも影響されやすい僕はそれを自分のものにしようと一生懸命それらについてしらべていたら、"彼ら"の好きなボーナスシステムや、昔から変わりない孫や、ひ孫ピラミッドの仕組み表が出てきたんだ。

 

実際に、これらで利益をいただいている人もたくさんいるらしい。

 

しかしだ。

 

あたくしが一生懸命にそれらの仕組みを理解してたっぷりと恩恵を受けようではないかモードのあたくしGOTAを、その瞬間に俯瞰して見た。

 

「おれはなにをやっているのだろう」

「てか、これが投資?」

いや間違いなく投資である。

しかしだ、、、

なんか嫌だ。

 

37年間生きてきて、僕の感覚という部分に刻み込まれた直感を信じると「なんか嫌」なのである。

 

そいでGoogleセンセーに「本当の投資」で聞いてみたんだけれど株かFXか不動産しかでてこなかったので、以下の文を書きたくなった。

 

実はぼくは21歳の時の人生の暴落期からコツコツと投資を続けてきた。

写真技術を学ぶ為の時間の投資、写真を使って人と繋る時間の投資、大工技術を身につけるために時間も投資した。

 

彼女にフラれまくって、強くなる自分作りの投資もあったな。

バーテンダー経験の投資もなんでもかんでも、ひとつもお金を払っていないけどたっぷりと時間を投資した。

 

じゃぁ、いつお金にかわるんだよぉう

 

そんな心配はいらなかったことに気がついたのは最近だった。

人と繋がる時間の投資をしたことでお店を開業する為の資金を貸してくれる人が数名現れた。そして大工技術を身につける時間を投資したことでお店の改装を一人でぜんぶやった。バーテンダー経験を積む時間を投資したことでフォトグラファーなのにお酒を販売することができた。写真技術を身につける時間を投資したことで撮影料金を頂き、さらにお酒の売り上げが悪い時にはその撮影料から資金を繰り出すことで倒産をまぬがれたこともあった。

 

そしてそれらが今になって全部組み合わさり、小さな屋根と寝る場所と、少しの食べ物と衣服が買えるお金を皆さまから頂けることとなった。

 

さらに、お店に来てくれるお客さんをもっとよろこばせる為に、ここでやっとお金で投資してシェフやスタッフにもっと良い空間を作ってもらった。

 

いまは、この優れた人材がいかに快く仕事ができるように冷蔵庫や製氷機に投資した。

 

この一連の投資話は少なくても15年はかかる。

 

そしてこれを投資と呼ばなくて何て呼ぶのだろう。

 

先日の新幹線の中で堀江貴文さんの本を読んだんだけど、そこにこんなことが書いてあった。

 

 

最近の若いものはゼロから初めてスグに10を得ようとする。

ゼロに何をかけてもゼロでしかない。

ゼロの自分に小さなイチを足し続けていった先に爆発が必ず起こる‥

 

 

いま書いていて思ったんだけど、僕は書いて自分と対話して、いまやっと「なんか嫌だ」を理解することができた。

 

やはり僕は、僕の投資を続けて行こう。

 

参考ブログ↓

xn--ker737c.tokyo.jp

 

 

しかし冒頭の写真の猫は絶対下に歩いている猫に間違いないよね!リアリティー出すためにリアル野良を撮影したんだきっと。

 

 

 

愚分失礼 

 

GOTA

 

(この記事が良かった〜なんて思う方は是非どこでもシェアしてね)