Inside of my beain...

自分は誰なのか。そしてどの様な生き物で何を考えているのか。

BARで働くひとの食生活。

f:id:gota-koishikawa:20161206220519j:plain

メタセコイアの落ち葉がすごい好き。

 

秋の匂いと、あしにまとわりつく この忌々しい奴らがとっても好き。

 

メタセコイアって中国の木なんだってね。

 

 

 

 半年くらい前に弟と北海道の長い道を走っている時にボソッと言われた言葉がある。

 

「夜働いてる奴で痩せているひと少ないもんねぇ」

 

 

ドキッとした。

 

 

そしてペロンっと服をめくってお腹のお肉を見てみた。

 

 

やばっ って思った。

 

 

そこで、Facebookでつながる父親が俺にコメントを残した。

 

 

「親父は1日1食で絶好調!!!!」

 

 

先日まで足の骨を折って入院していたひとが、なにが絶好調だっ!って思ったけど理にかなっているような気がしてならん。

 

 

僕は、毎年夏になると長野県の標高1200mにある菅平高原の研修施設に1ヶ月間、撮影のため閉じ込められた。

 

そこで1番苦しかったのが、食事だ。

 

3食。きちーんと3食。

 

成長期の若人じゃないんだから!

 

3食たべて絶不調になった。

 

しかし、逆に1日1食、調子の悪い時は3日間の断食で全ては治るらしい。

これは猫でも知っていることらしく、たしかに猫は調子悪くなると食べなくなり寝てばかりになる。

そうか。

以下参照

http://health-long-life.sakura.ne.jp/new_page_354.htm

 

病気ビジネスというものがある

 

いや、医産複合体というべきか‥

 

3食たべることで皆で病気になって医療費をたくさん払おう!

 

こんな感じで、TVが僕たちの食までコントロールしてきているような気がしてならない。

1日1食、どのタイミングでたべるのか。それは夕食らしい。しかしフォトグラファーでありバーのマスターである僕は寝るのが夜中の3時だ。

いつ食べれば良いのか、研究する必要性がありそうだ。

 

たしかに、腹ぺこの時って冴えてるもんなー。

文もかけるしなー。

とにもかくにも胃を休ませなければ。

胃腸が特に弱いからね。

 

さて、今日は23時から26時までバーに立ちます。

明日は朝から渋谷NHKで撮影だ。酒の匂いを消して行こう。

 

 

GOTA