読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォトグラファーでバーのマスター。

フォトグラファーがBARを経営してみた。二足のわらじはうまく行くのか。

お陰様で‥

f:id:gota-koishikawa:20170130092324j:image

model:YUTA

 

儲かってるかい?

ぼちぼちでんがな。

 

そんなやり取りをよく聞く。

昔、起業した仲間が起業仲間に聞かれていたこの言葉。

ちょっぴり羨ましかった。

 

んで、僕も起業後にとうとうこの言葉に出会う事となった。

GOTA、儲かってるかい?

いゃ〜^^;ボチボチですねぇ‥なんて。

 

こう答えたのだが、違和感を感じていた。

?なにがボチボチなのか。ボチボチ稼いでるという事なのか。

このフワフワした感じが申し訳なく嫌いになったのに、また

儲かってるかい?なんて聞かれた時には、ボチボチっすねぇ〜なんていってね。

 

なんかボチボチって←あまりうまく行っていない平行線みたいで更に違和感を覚えた。

 

でー、とある方が『もっといい返し方』をしているのを観て、

これだー!

 

それから僕はそれを真似て、

 

GOTA、儲かってるかい?なんて聞かれると、

『はい!お陰様で!』と応えるようにしている。

 

すると相手の反応も面白い。

 

『おぉ!よかったねぇ』なんつってね、より周りが明るく

なるように感じた。

 

昨日の夜、お店のお客さん8名位で餃子を食べに行った。

ずっと行きたかった成城のギョーザブラザーズだ。

こうやって暖かいお客さんと美味しいギョーザと

うんまいハイボールが飲めるのも、なにかしらの

『お陰様』なのである。

 

お陰様がいる事で僕らは陽に当たることが出来るんだと思うんだよね。

 

お店に祀ってあるお伊勢さんの神棚にも毎日手を叩いて

『お陰様で今日も無事、営業することが出来ました』と一礼。

 

お陰様で僕らはご飯が食べられ

お陰様で僕らは健康で笑えて

お陰様で僕らは働けて

お陰様で僕らは無事にベッドに入って寝れる。

 

眼には見えないけど、マスターはお陰様を大切にして行きたい。

 

GOTA