フォトグラファーでバーのマスター。

38歳、フォトグラファーがBARを経営してみた日記と陰謀論。

雨は止み…

早い時間はドイツ人スタッフの子にバーを任せて、僕は10pmから夜間のバーを担当することが多い。

なぜなら 常連さんは遅い時間に集まることの方が多いからだ。それに、人を雇う事はものすごく勉強になるからだ。

 

さて、例の通り10pmにお店へ行くと外国人だらけだった。

f:id:gota-koishikawa:20170705023240j:image

英語は何度聞いても覚えない。しかし、酒を効かせた瞬間にヒアリング力が ぶち上がるのはなぜだろう。

イギリスから来たLEEクンは何やら アゴに生えた無精ひげのミスカットが気になるらしい。

どうしたの?

 

聴くと、シェーバーと携帯の充電ソケットは流用できるらしく、一台のアダプターで交互にそれらを充電していたらしい。

 

シェーバーも重要だが携帯も重要らしく、シェーバー未充電のまま それを忘れて ひげを半分シェーブした所で電池切れになったらしい。

 

確かにわかる。

 

俺も髭は薄いほうではないからな いつ充電がらなくなっても良いように半分づつでは無くエリアごとに攻めるようにしている。

そうすることによって 万が一にも電池切れになったとき 格好良く髭を残すことができるからだ。

 

LEEクンは、カタコトの日本語で 

『ごーたさん、おれ ブショーヒゲー』と、なにやらよくわからない日本語をれんぱつしておった。

 

そんなことをしているうちに、雨は止み 僕からこんなことを話した。

 

先週、夜中に香港のかわいい子が迷子になっていたのを救ったんだよ。

 

そう言えば『迷子』って英語でなんての?と、彼らにぶつけてみた。

すると数人が口を揃えてロスチャイルドロスチャイルド!と話し出した。だからこう言ってやったんだ。

 

ロスチャイルド イズ デッド!』

 

爆笑の渦に巻き込まれながらも、LOST personとか、LOST humanとか教えてもらった。

 

しかし、実際僕は香港の女の子を救ったときに迷子になったの?と聴くのを アーユーロスト パーソン?ときくのではなく、ユーアーコンフューズ?と聞いてしまっていた。

 

どうりで変な顔すると思った。笑

 

さて、もうねます。

 

おやすみなさい